令和2年10月1日からロタウイルスの定期予防接種が始まりました。対象者には、出生時に郵送する書類にロタウイルス予防接種のお知らせと予診票を同封してお送りしています。お知らせと予診票裏面をよく読んで予防接種を受けてください。

<対象者>
 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

<ロタウイルスワクチン>
 ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも飲むワクチンです。予防効果や安全性に違いはありませんが、接種回数や接種時期が異なります。最初に接種したワクチンで接種を完了します。
 どちらのワクチンも、初回は出生6週0日後から14週6日後までに接種します。出生15週以降の初回接種は安全性が確立していないためおすすめしません。
●ロタリックス:出生6週0日後から24週0日後までに27日以上の間隔をおいて2回接種します。
●ロタテック:出生6週0日後から32週0日後までに27日以上の間隔をおいて3回接種します。

<接種後の注意>
 ワクチン接種後1〜2週間程度、腸重責症の発症がわずかですが上がる可能性があります。接種後、ぐったりする、顔色が悪い、繰り返し起きる嘔吐、繰り返す不機嫌、血便、お腹の張りなどの症状がみられた場合は、すみやかに医師の診察を受けてください。

詳しくはこちら
>>詳細はこちら

<問い合わせ>
 健康づくり課 0270-27-2746