骨髄移植等の医療行為により、すでに接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断された人に対し、感染症予防および経済的負担の軽減のため、ワクチン再接種費用を助成します。

<対象者>
 次のいずれにも該当する人
 1.再接種を受ける日において、伊勢崎市に住民登録がある20歳未満の人
 2.骨髄移植等により、接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断されている人

<対象となる予防接種>
 次のいずれにも該当するもの
 1.予防接種法で定期予防接種に位置づけられている予防接種のうち、過去に定期接種として接種済みの予防接種
 2.使用するワクチンが、予防接種実施規則の規定によるものであること
 3.20歳に達するまでの間に実施する予防接種
  ※ただし、四種混合は15歳未満、BCGは4歳未満、ヒブは10歳未満、小児用肺炎球菌は6歳未満の接種

<助成金額>
 再接種費用(伊勢崎市が伊勢崎佐波医師会と契約した委託料額)
 ※接種を受ける人の費用負担はありません。

<助成の受け方>
 1.予防接種を受ける前に健康づくり課へお問い合わせください。
 2.健康づくり課から「骨髄移植後等のワクチン再接種費用助成交付申請書」をお渡ししますので、必要事項を記入してください。理由書欄は、主治医に記入してもらってください。
 3.必要事項を記入した「骨髄移植後等のワクチン再接種費用助成交付申請書」と、母子健康手帳の予防接種記録欄(または骨髄移植等の医療行為を受ける以前の定期予防接種の履歴がわかるもの)の写しを健康づくり課へ提出してください。
 4.健康づくり課で書類を受理後、「骨髄移植後等のワクチン再接種費用助成金交付・不交付決定通知書」を交付します。交付決定された場合は、「骨髄移植後等のワクチン再接種依頼書」を同時に交付します。
 5.交付された「骨髄移植後等のワクチン再接種依頼書」と母子健康手帳を指定医療機関へ提出し、再接種を受けてください。


詳細はホームページへ
>>詳細はこちら